先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ることになりま

先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ることになりま

先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ることになりました。
売りに行ったときに取引をした業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや必要な手続きに関する書類などのしっかりとした説明を受けました。

大切に乗ってきた愛着のある車なので、大切にしてくれる方に売れて欲しいと思い、こちらも真剣に話を聞きました。新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。



たしかに手軽という点では下取りが最強ですが、愛車をたった1社に査定されるのは辛くないですか?何を優先するかは本人次第ですが、車の車種や補修履歴などの状態によって、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。

その結果、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。
買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。車を査定するアプリというものをご存知ですか?車査定アプリと呼ばれるものは、スマートフォンで容易に愛車の査定額がいくらかを把握できるアプリのことを指します。車査定アプリを利用すれば、個人情報が向こうに知れ渡ることはありませんし、いつでもどこでもその場所でご自身で車がいくらかわかるということで、利用している人がたくさんいます。まだローンの残っている車を売る際は、残債を払ってしまわないと売却できません。



なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。業者に売る前にローンの残りを完済できるのなら構いませんが、もし不可能なら売却額をもって債務の残りを差し引くというやりかたもあります。但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、残債がないときと比べると手続きは複雑です。


車の買取業者では名義変更などの仕事を代わりに行っているところがだいだいです。

自分で名義変更の手続きを済まそうとすると仕事が休みじゃない日に運輸支局まで出かけなくてはいけません。

仕事で多忙だとどうしても難しいものがあるかとは思うのですが、買取、査定業者にお願いする場合には、自分は何もしなくていいので、OKです。近頃市場に出回っている自動車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものがほとんどです。そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。
例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときにはプラスの査定が期待できます。高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、事前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。
車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。
もっとも、売主が負担するべき出費はあって、たとえば車の名義変更をするのに通常は売主ではなく買主側で手続きしますので、その代行手数料を払います。



なかには代行手数料無料という会社もありますが、有料の場合は査定価格から相殺してもらうのが一般的で、そうでない場合は契約書を交わしたあとに別途支払うこともあります。
定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。

そのほか、細かいことですが、所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。

郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。



車の出張査定というのが無料なのかは、買取業者のHPを確かめれば確かめることができます。



もし、査定の関連情報が少なくて、その点の掲載がない場合には、電話をしてみて確かめましょう。査定でお金がとられるのはもったいないことなので、少しばかり、面倒だと思わず事前に確かめてください。中古車専門の業者のところに持って行くと、買取の申し込みをすることができます。
依頼する場合は、会社によって買取金額が違うことに警戒が必要です。それぞれの業者を比べてみることで、高い値段をつけてもらうことができます。中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。買取販売店の従業員のセールストークを鵜呑みにするのもどうかというところがあって、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。売却の前に自分の車の査定相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前調査の価格よりも低く提示された場合に自分の方から駆け引きするつもりでいると従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。